【折り紙】風鈴 (原案:おりがみの時間)折り方図解

折り紙で折った風鈴
Designed by おりがみの時間
七夕7月8月9月
スポンサーリンク

この記事では「風鈴」の折り方を詳しい手順付きで紹介しています。こちらは伝承折り紙をアレンジした作品です。夏の飾り等にどうぞ。

立体的な風鈴を作ってみました。

上のパーツは伝承作品の「桔梗(ききょう)」でできています。niceno1さんのこの風鈴を見たときに、上のパーツが「桔梗」の形に似ているな、と思ったのがきっかけです。(実際は折り方も全然違いました)

鈴もついているので、窓際に吊るせばちゃんと風に揺れて鳴りますよ♪

好きな柄の折り紙で折ってみてくださいね。

折り紙「風鈴」の折り方動画

折り方は下のYouTube動画で公開されていますので、ぜひ見てみてください。

折り紙「風鈴」の折り方手順

1.こちらの記事を参考に「桔梗」を折り、上のパーツを作ります。

2.続いて下のパーツです。折り紙の白い面を上にして置き、横の長さを3等分するように折りすじをつけます。

3.裏返します。

4.上下の端を1cm程度折ります。

5.裏返します。

6.折りすじに沿って折り、浮いたところをのり付けします。

7.上の端の中心に穴を開けたら、下のパーツの完成です。

8.糸を50cm程度用意し、真ん中で半分に折ります。

9.半分に折った「輪」を下のパーツの穴に通し、糸をひと結びします。

10.糸の端を2本まとめて鈴に通し、ひと結びします。

11.鈴の少し上でもうひと結びします。

12.上のパーツの先端にきりなどで穴を開け、結び目の位置まで通します。(そのままだと糸を通しにくいので、面倒ですが一旦上のパーツを広げてから穴に通し、折りたたみ直すのがオススメです)

13.糸の端を結んだら、風鈴の完成です。

タイトルとURLをコピーしました