【折り紙】腕時計②(伝承)折り方図解

折り紙で折った腕時計
伝承作品
父の日敬老の日6月9月伝承作品遊べる服|小物
スポンサーリンク

この記事では「腕時計②」の折り方を詳しい手順付きで紹介しています。この折り紙は伝承作品です。子供の遊びや、父の日・敬老の日のプレゼント等にどうぞ。

折り紙「腕時計②」の折り方手順

  • STEP.1
    折り紙を点線で半分にして、折りすじをつけます。
  • STEP.2
    折りすじに沿ってハサミで切り離します。
  • STEP.3
    切り離した折り紙の白い面を上にして置き、点線で半分にして折りすじをつけます。
  • STEP.4
    上下の端を折りすじに合わせるように点線で折ります。
  • STEP.5
    点線で半分に折ります。
  • STEP.6
    角を折りすじに合わせるように、点線で折りすじをつけます。
  • STEP.7
    折りすじに沿って角を内側に折り込みます(中割り折り)。
  • STEP.8
    反対側も同様に折ります。
  • STEP.9
    1枚めくって、上下の端を折りすじに合わせるように点線で折ります。
  • STEP.10
    裏側も同様に折ります。
  • STEP.11
    1枚めくって点線で折ります。
  • STEP.12
    裏側も同様に折ります。
  • STEP.13
    折ったところを開いて、中心部分を指で広げて形を整えたら、腕時計の完成です。
  • STEP.14
    大人の手首につける場合などは、両端を点線で折ります。
  • STEP.15
    折ったところに輪ゴムを引っかけて、テープなどで固定します。
  • STEP.16
    反対側も同様に輪ゴムを固定したら、腕時計の完成です。お好みで自由に文字盤を描き入れてください。

お父さんへのバレンタインデーのプレゼントや、父の日・敬老の日のプレゼントにもオススメな腕時計です。

文字盤は今回は丸シールを貼りましたが、直接描きこんでもいいですね。

大人の手首につける場合は、回りきらない大きさなので、ベルトの両端に輪ゴムを固定すると良いですよ。

カッコいい柄で折って、男の子のお子さんにあげても喜ばれそうです。

スポンサーリンク

◇ご利用上のお願い◇

NG
  • 折った作品を販売すること(伝承作品は除く)
  • 折り方の工程をネット上に公開すること(伝承作品は除く)
  • その他、著作者が不適切と判断すること
OK
  • 折った作品の写真をSNSやブログ等に投稿すること
  • 折った作品の写真をSNSアイコン(プロフィール画像)に設定すること
この記事の筆者
おりがみの時間

世界中のかわいい折り紙作品を紹介する「日本最大級の折り紙メディア」。2018年より運営をスタートし、現在740以上の折り紙作品を掲載中。

おりがみの時間 公式SNS
おりがみの時間 公式SNS
おりがみの時間
タイトルとURLをコピーしました