秋の折り紙特集ページはこちら ▶▶▶

さんぼう

折り紙で折った三方
伝承作品
スポンサーリンク

今回は、伝承作品の「さんぼう」を折ってみました。

お正月の鏡餅を載せたり、節分の豆入れや、ひな祭りのあられ入れ、十五夜のお団子など、1年の行事の中でも出番の多そうな箱です。

ちょっとしたお菓子でも、三方の上に載せれば、お供え物っぽくなって有難い感じがしますね。

折り方手順

  • STEP.1
    折り紙の白い面を上にして置き、点線で半分にして折りすじをつけます。
  • STEP.2
    4つの角を中心に合わせるように折ります。
  • STEP.3
    点線で半分にして折りすじをつけます。
  • STEP.4
    裏返します。
  • STEP.5
    点線で半分にして折りすじをつけます。
  • STEP.6
    折りすじに沿って折りたたみます。
  • STEP.7
    1枚めくって、点線で折りすじをつけます。
  • STEP.8
    角を開いて潰すように折ります。
  • STEP.9
    裏側も同様に折ります。
  • STEP.10
    左から右に1枚めくります。
  • STEP.11
    裏側も同様にめくります。
  • STEP.12
    1枚めくって、左右の端を折りすじに合わせるように点線で折ります。
  • STEP.13
    点線で折ります。
  • STEP.14
    裏側も同様に折ります。
  • STEP.15
    底を広げ、形を整えたら、さんぼうの完成です。