秋の折り紙特集ページはこちら ▶▶▶

こいのぼり

折り紙で折ったこいのぼり
Designed by おりがみの時間
スポンサーリンク

今回は、こどもの日の飾りに使えるこいのぼりをオリジナルで考えてみました!

それほど手順は多くなく、竹串やストローなどの棒状のものを挟みこんで飾れるのが特徴です。

棒じゃなくて、紐や糸を挟んでガーランドにしてもいいですね!

全て同じ大きさで色や柄を変えて折っても良いですし、折り紙の大きさを変えて折るのも可愛いです。

モノトーンやクラフト紙などで折ってもオシャレですね。

一緒に動く風車をつけて飾ると、風が吹いて回ったときにお子さんが喜びますよ♡

お好みの折り紙でぜひ折ってみてくださいね!

途中の折り幅を変えると、さらに短足?なかわいいこいのぼりにアレンジもできますよ。

折り方手順

  • STEP.1
    折り紙の色の面を上にして置き、点線で半分にして折りすじをつけます。
  • STEP.2
    裏返します。
  • STEP.3
    点線で半分にして折りすじをつけます。
  • STEP.4
    折りすじに沿って折りたたみます。
  • STEP.5
    角を下の端に合わせるように点線で折ります。
  • STEP.6
    裏返します。
  • STEP.7
    下の端を上の端に合わせるように、点線で折りすじをつけます。
  • STEP.8
    上から2枚目と3枚目の間を広げ、角を開いて潰すように折ります。
  • STEP.9
    点線で後ろに半分に折ります。平面に貼り付ける場合はこのままのり付けしてください。
  • STEP.10
    ペンやシールなどで、自由に顔や模様などを書き入れたら、こいのぼりの完成です。
  • STEP.11
    棒や紐などを挟みこむ場合は、開いた状態で枠の中辺りにのりや両面テープを貼ります。
  • STEP.12
    中心部分に棒や紐を置き、挟みこんで貼り合わせます。
  • STEP.13
    後ろから見てもちゃんとこいのぼりです♡

こいのぼりと一緒につけたかざぐるまは、こちらの記事で紹介しています。

かざぐるま
今回は、伝承作品のかざぐるまを折ってみました。 こどもの日の飾りに使ったり、実際に回して遊ぶことができます。 折り紙の裏表の色が出るので、タント紙や、両面折り紙を使うのもオススメです。 折り紙でこいのぼりを作って棒に付け、先端にこれを...
かざぐるま
今回は、伝承作品のかざぐるまを折ってみました。 こどもの日の飾りに使えます。 このかざぐるまは実際に回して遊ぶことはできませんが、壁やリースなどの平面に貼り付けて飾ることができます。 平面でなくても、こいのぼりを折り紙で折って棒に飾り...

竹串を固定するときは、めんこを折ると便利です。

めんこ(コマ、コースター)
今回は、伝承作品の「めんこ」を折ってみました。 2枚の折り紙を組んで作るので、厚みがあって丈夫です。 めんこってやったことありますか? 私は小学校低学年のときに、授業で昔の遊びをやって、ベーゴマや竹とんぼなんかと一緒にやった記憶があり...