秋の折り紙特集ページはこちら ▶▶▶

かざぐるま

折り紙で折ったかざぐるま
伝承作品
スポンサーリンク

今回は、伝承作品のかざぐるまを折ってみました。

こどもの日の飾りに使ったり、実際に回して遊ぶことができます。

折り紙の裏表の色が出るので、タント紙や、両面折り紙を使うのもオススメです。

折り紙でこいのぼりを作って棒に付け、先端にこれをつけたら立派なこいのぼり飾りになりますよ。

風が吹いてクルクル回るだけで子どもも大喜びしてくれます。

折り方手順

  • STEP.1
    折り紙の白い面を上にして置き、点線で半分にして折りすじをつけます。
  • STEP.2
    向かい合う2つの角を中心に合わせるように点線で折ります。
  • STEP.3
    裏返します。
  • STEP.4
    角を中心に合わせるように点線で折ります。
  • STEP.5
    角を中心に合わせるように点線で折ります。
  • STEP.6
    裏返します。
  • STEP.7
    角を中心に合わせるように点線で折ります。
  • STEP.8
    内側の角をつまみ、右側に引き出します。
  • STEP.9
    左側も同様に引き出します。
  • STEP.10
    裏返します。
  • STEP.11
    同様に、2つの角を矢印の方向に引き出します。
  • STEP.12
    1枚めくって点線で折り、角を立たせるようにしたら、かざぐるまの完成です。

遊び方

  • STEP.1
    曲がるストローとつまようじを用意します。
  • STEP.2
    かざぐるまの中心につまようじを刺し、つまようじのくぼみがあるところまで差し込みます。
  • STEP.3
    差し込んだつまようじの尖った方を、曲がるストローの吸い込み口に差し込みます。(つまようじの先やストローの吸い込み口の長さはお好みで短く切っても良いです)
  • STEP.4
    正面から息を吹きかけたり、風の吹く方向に向けたりすると、かざぐるまがクルクル回り出します。

実際に回してみると、こんな感じです。