桃の花(フラワーくす玉の花)

折り紙で折った桃の花
伝承作品

今回は、ひな祭りや春の飾りに使える立体的な桃の花を折ってみました。こちらは伝承作品の「フラワーくす玉」に使われているパーツの花です。

5つのパーツを作って貼り合わせるので、少し手間はかかりますが、1つのパーツ自体は簡単にできるのでサクサク進められると思います。

ちなみにフラワーくす玉を作るには、12個の花が必要なので、60パーツ必要です笑。

空いた時間にちょこちょこ進めて行けば完成できそうですね。

折り方手順

  • STEP.1
    折り紙を点線で半分にして折りすじをつけます。
  • STEP.2
    折りすじに沿ってハサミで切り離します。
  • STEP.3
    切り離した折り紙の白い面を上にして置き、点線で半分に折ります。
  • STEP.4
    角と角を合わせるように点線で折ります。
  • STEP.5
    折り紙の端と端を合わせるように点線で折りすじをつけます。
  • STEP.6
    折りすじに沿って角を開いて潰すように折ります。
  • STEP.7
    反対側も同様に折ります。
  • STEP.8
    点線で折ります。
  • STEP.9
    点線で折ります。
  • STEP.10
    線で囲った辺りにのりを塗り、丸めるようにして向かい合う三角の部分と貼り合わせます。(乾くまでクリップなどで留めておくといいです。)
  • STEP.11
    同じものを全部で5つ作ります。
  • STEP.12
    各パーツのつなぎ目部分にのりを塗り、画像のように貼り合わせたら、桃の花の完成です。