織姫と彦星

折り紙で折った織姫と彦星
Designed by おりがみの時間

今回は、七夕飾りに使える織姫と彦星を、オリジナルで考えて折ってみました。

比較的折り方は簡単だと思いますので、お子さんと一緒に作っても良いですね。

4分の1サイズの折り紙で折ると、リースなどにも使いやすいと思います。

折り方手順

  • STEP.1
    まず織姫の顔から折っていきます。折り紙の白い面を上にして置き、点線で半分にして折りすじをつけます。
  • STEP.2
    角を中心に合わせるように点線で折ります。
  • STEP.3
    角を中心に合わせるように点線で折ります。
  • STEP.4
    裏返します。
  • STEP.5
    角を折りすじに合わせるように点線で折りすじをつけます。
  • STEP.6
    白線部分にハサミで切り込みを入れます。
  • STEP.7
    角を折りすじに合わせるように点線で折ります。
  • STEP.8
    点線で折ります。
  • STEP.9
    点線の折りすじで折ります。
  • STEP.10
    点線で斜めに折り返します。
  • STEP.11
    裏返します。
  • STEP.12
    点線で折りすじをつけます。
  • STEP.13
    隙間に指を入れて広げます。
  • STEP.14
    ペンや丸シールなどで自由に顔を描き入れたら、織姫の顔の完成です。
  • STEP.15
    次に彦星の顔を折っていきます。折り紙の白い面を上にして置き、点線で半分にして折りすじをつけます。
  • STEP.16
    角を中心に合わせるように点線で折ります。
  • STEP.17
    角を中心に合わせるように点線で折りすじをつけます。
  • STEP.18
    角を折りすじに合わせるように点線で折ります。
  • STEP.19
    角を折りすじに合わせるように点線で折ります。
  • STEP.20
    裏返します。
  • STEP.21
    角を折りすじに合わせるように点線で折りすじをつけます。
  • STEP.22
    角を折りすじに合わせるように点線で折ります。
  • STEP.23
    点線の折りすじで折ります。
  • STEP.24
    折り目の少し下で折り返します。
  • STEP.25
    点線で折ります。
  • STEP.26
    点線の折りすじで折ります。
  • STEP.27
    点線で折ります。
  • STEP.28
    裏返します。
  • STEP.29
    ペンや丸シールなどで自由に顔を描き入れたら、彦星の顔の完成です。
  • STEP.30
    次に体を作っていきます。織姫と彦星、途中まで一緒の折り方です。折り紙の白い面を上にして置き、点線で半分にして折りすじをつけます。
  • STEP.31
    角を少しずらすように折ります。
  • STEP.32
    裏返します。
  • STEP.33
    角を折りすじに合わせるように点線部分だけ折りすじをつけます。
  • STEP.34
    角を折りすじに合わせるように点線で折ります。
  • STEP.35
    中心の折りすじに重なりが合うように、反対側も折ったら、織姫の体の完成です。
  • STEP.36
    そこからさらに点線で後ろに折ったら、彦星の体の完成です。
  • STEP.37
    それぞれ顔と身体を貼り合わせたら、織姫と彦星の完成です。

織姫・彦星の後ろに映っている天の川(網飾り)は、こちらの記事で紹介しています。

網飾り(天の川)
今回は、伝承作品の網飾り(天の川)を折ってみました。 代表的な七夕飾りの一つです。 実は網飾りは魚を捕る漁網(ぎょもう)を表していて、大漁を願って作られているそうです。てっきり天の川そのものだと思ってました。 私にとっても、七夕飾りと...