【折り紙】あじさい(原案:山田勝久)

折り紙で折ったあじさい
Designed by 山田勝久
母の日梅雨6月7月植物草|花
スポンサーリンク

この記事では、山田勝久さん考案の「紫陽花(あじさい)」を紹介しています。詳しい折り方の手順は記事中の動画をご覧ください。梅雨の飾り等におすすめです。

折り紙「紫陽花(あじさい)」の折り方動画

折り方は下のYouTube動画で公開されていますので、ぜひ見てみてください。

最初に完成品を見たときは、小さな花のパーツをたくさん作って貼り合わせて作っているのかと思ったら、4枚の折り紙で作ったパーツを組み合わせてできていました。

しかも、4枚のパーツは紙の大きさも同じで、途中まではどれも同じ折り方で出来ています。

組み合わせて見ると、自然にフワッとドーム型になるようにできていて、よく考えられているなー!と感動しました。

4枚のパーツを作るのに少し時間がかかりますが、のりを使わずに組み合わせられます。

動画では単色のあじさいでしたが、今回は2色の折り紙を使って作ってみました。

葉っぱは伝承作品です。葉っぱの作り方は、こちらの記事で紹介しています。

タイトルとURLをコピーしました