輪飾り(輪つづり、わっかつなぎ)

折り紙で折った輪飾り
伝承作品

今回は、伝承作品の「輪飾り」を作ってみました。

輪つづり、わっかつなぎとも呼ばれているようです。

私の中では輪飾りと言えば「お誕生日」とか「パーティー」のときに部屋を飾るもの、といったイメージですが、代表的な七夕飾りの一つです。

調べてみると、輪飾りの輪は空の星を表していて、それをつなげることで天の川を表しているそうですよ。

いろんな色を使えば綺麗ですが、まさか輪飾りが天の川だったとは知りませんでした!

七夕はもともと機織りや裁縫の上達を願う行事ですが、「つながる」という意味で、お裁縫が上達しますように、という願いを込められているという説もあります。

私はそもそも「機織りや裁縫の上達を願う行事」ということも知りませんでした。織姫と彦星の再会のための愛のイベントだと笑

短冊と共通しているのですが、色は青(緑)・赤・黄・白・黒(紫)の5色で作ると、魔除けの意味になるそうです。

七夕について知らないことばかりだったので、かなり勉強になりました。昔の人が考えた意味や願いを知ると、七夕飾りを作るときにより楽しくなりますね♪

もちろん、七夕のときもお誕生日などのパーティーのときも、好きな柄で折っていいと思います。

作っているときが一番楽しい作品ですよね。

折り方手順

  • STEP.1
    折り紙を点線で半分に折ります。
  • STEP.2
    点線で半分に折ります。
  • STEP.3
    さらに半分に折ります。
  • STEP.4
    折り紙を広げます。
  • STEP.5
    折りすじに沿ってハサミで切り離します。
  • STEP.6
    切り離した折り紙の片端にのりを塗り、輪っかにして貼り合わせます。
  • STEP.7
    次のパーツを1つ目の輪の中に通します。
  • STEP.8
    1つめのパーツと同様に片端にのりを塗って輪っかにし、貼り合わせます。
  • STEP.9
    お好みの数だけ輪をつなげたら、輪飾りの完成です。