さかな

折り紙で折った魚
伝承作品

今回は、伝承作品の魚を折ってみました。

折り方はとっても簡単なので、小さなお子さんでも折りやすいと思います。

沢山作りたいときにもオススメです。

川や海の飾りにオススメです。

七夕飾りとして折ると、大漁を願う意味を持つそうですよ。

作った魚の口と、棒のにつけた糸の先ににクリップをつけると、魚釣り遊びもできますよ。


凝った魚の折り紙でももちろんいいですが、すぐにたくさん作れるとすぐに遊べるので、お子さんも喜んでくれそうです。

雨で外に出かけられない日の遊びにいかがですか?

折り方手順

  • STEP.1
    折り紙を点線で半分にして折りすじをつけます。
  • STEP.2
    左右の端を折りすじに合わせるようにして、点線部分だけ折りすじをつけます。
  • STEP.3
    左の角から中心までの長さの3分の1の位置で折ります。
  • STEP.4
    点線の折りすじで折ります。
  • STEP.5
    上の角を下の端に合わせるように、点線で斜めに折ります。
  • STEP.6
    点線で折り上げたら、さかなの完成です。お好みで目などを自由に描き入れてください。

七夕飾りの「投網」は、こちらの記事で紹介しています。

投網(網飾り)
今回は、代表的な七夕飾りの伝承作品、「投網」を折ってみました。 投網(とあみ)とは、漁で使う網のことで、大漁を祈願して飾られたそうです。わかりやすいですね。 投網にお魚の折り紙をたくさん貼り付けて飾ってもいいかもしれませんね! ま...