ふうせんきんぎょ

折り紙で折った風船金魚
伝承作品

今回は、伝承作品の「ふうせんきんぎょ」を折ってみました。

今回初めてこの作品を知り、初めて作ってみました。

折り終わった後に、隙間からストローを差し込んで膨らませる、というのも新鮮でした。

プクッとした体と、くいっと持ち上がった尾びれが可愛らしいですね!

この金魚は、ただの立体的な金魚というわけではなくて、口の下に輪ゴムやクリップを貼り付ければ、魚釣り(金魚釣り)遊びができるんですよ♪

本には、「中に点数を書いて遊ぶ」と書いてありました。

子ども向けのお祭りやイベントや、ホームパーティーなどで、あらかじめ中に景品などを書いて、釣った金魚に応じて景品をプレゼント、というのも盛り上がりそうですね!

入れ方にちょっとコツは要りますが、中に小さめのキャンディなどを入れることもできました♪

そのまま飾るだけでも可愛いですが、ぜひ金魚釣りゲームで盛り上がってみてくださいね!

折り方手順

  • STEP.1
    折り紙の色の面を上にして置き、点線で半分にして折りすじをつけます。
  • STEP.2
    裏返します。
  • STEP.3
    点線で半分にして折りすじをつけます。
  • STEP.4
    折りすじに沿って折りたたみます。
  • STEP.5
    1枚めくって、角と角を合わせるように点線で折ります。
  • STEP.6
    角を中心で合わせるように点線で折ります。
  • STEP.7
    角と角を合わせるように点線で折ります。
  • STEP.8
    点線で角を折り、折ったところを隙間にしまいます。
  • STEP.9
    裏返します。
  • STEP.10
    点線で折ります。
  • STEP.11
    点線で折ります。
  • STEP.12
    垂直に起こします。
  • STEP.13
    矢印で指した隙間にストローを差し込みます。
  • STEP.14
    隙間の残りを指でふさいで、空気を吹き入れます。
  • STEP.15
    形を整えたら、ふうせんきんぎょの完成です。