あさがお

折り紙で折った朝顔
伝承作品

今回は、伝承作品の「朝顔」を折ってみました。

朝顔と言うと、小学校の授業で種を植えて、夏休みに家に鉢を持ち帰ってお世話…という記憶がよみがえります。笑

学校から家までの距離が2kmほどある上、学期末には他にも持ち帰る荷物がたくさんあり、鉢を持ち帰るのがとても大変でした。

でも、梅雨のあじさいもそうですが、青や紫っぽい色の花が好きなので、朝顔も外で見かけると綺麗だなー、と目を奪われます。

折り方はとってもシンプルで、たくさん作りやすいです。

夏の花の定番だと思っていましたが、秋に咲く種類の朝顔も多いみたいです。

葉っぱは、今回は適当にハサミで切り取りました。

折り方手順

  • STEP.1
    折り紙の白い面を上にして置き、点線で半分にして折りすじをつけます。
  • STEP.2
    裏返します。
  • STEP.3
    点線で半分にして折りすじをつけます。
  • STEP.4
    折りすじに沿って折りたたみます。
  • STEP.5
    1枚めくって、点線で折ります。
  • STEP.6
    裏側も同様に折ります。
  • STEP.7
    黒線部分をハサミで丸く切り落とします。
  • STEP.8
    点線で折ります。
  • STEP.9
    折り重なった部分の色の面に指を入れ、角を開いて潰すように折ったら、朝顔の完成です。