かに

折り紙で折ったカニ
伝承作品

今回は、伝承作品の「かに」を折ってみました。

1枚の折り紙で、8本の脚と、2本の爪、2つの目もちゃんと表現されている、リアルなかにが出来ます。

通常サイズの折り紙で折っても、完成品は沢ガニほどの大きさになるほど、細かく折られています。

これまで私が折ってきた伝承作品の中で、一番細かい作品だったかもしれません。

細かく織り込んでいったかと思いきや、一旦すべて広げて折りたたみなおしたり、かなり細かい作品ですが、その分リアルですし、できたときの達成感はかなりあります!

ぜひ挑戦してみてください!

折り方手順

  • STEP.1
    折り紙の色の面を上にして置き、点線で半分にして折りすじをつけます。
  • STEP.2
    角を中心に合わせるように点線で折ります。
  • STEP.3
    点線で半分にして折りすじをつけます。
  • STEP.4
    裏返します。
  • STEP.5
    点線で半分にして折りすじをつけます。
  • STEP.6
    折りすじに沿って折りたたみます。
  • STEP.7
    角を中心に合わせるように点線で折りすじをつけます。
  • STEP.8
    折りすじに沿って角を開いて潰すように折ります。
  • STEP.9
    残り3面も同様に折ります。
  • STEP.10
    角を中心に合わせるように点線で折りすじをつけます。
  • STEP.11
    折りすじに沿って角を開いて潰すように折ります。
  • STEP.12
    残り3面も同様に折ります。
  • STEP.13
    一旦全て広げます。
  • STEP.14
    白線部分にハサミで切り込みを入れます。
  • STEP.15
    STEP.1-12と同様に折ります。
  • STEP.16
    角を折り上げます。
  • STEP.17
    上下の向きを逆さにします。
  • STEP.18
    隙間から折り紙をめくり、色の面を出すように広げます。
  • STEP.19
    そのまま折りすじに沿って、鶴の基本形のように折りたたみます。
  • STEP.20
    角を開いて潰すように折ります。
  • STEP.21
    残り3面も同様に折ります。
  • STEP.22
    点線で折ります。
  • STEP.23
    残り7面も同様に折ります。
  • STEP.24
    点線で角を内側に折り込みます(中割り折り)。
  • STEP.25
    反対側も同様に折ります。
  • STEP.26
    残り6ヶ所も、同様に少しずらしながら中割り折りします。
  • STEP.27
    点線で中割り折りします。
  • STEP.28
    残り7ヶ所も同様に折ります。
  • STEP.29
    手前の角がめくれない場合は、裏表1枚ずつめくります。
  • STEP.30
    手前の1枚をめくって点線で折ります。
  • STEP.31
    側面の角を引き出し、中割り折りします。
  • STEP.32
    反対側も同様に折ります。
  • STEP.33
    点線で折り、角を隙間にしまいます。
  • STEP.34
    点線で中割り折りします。
  • STEP.35
    反対側も同様に折ります。
  • STEP.36
    点線で折ります。
  • STEP.37
    点線で斜めに折り返します。
  • STEP.38
    点線で折ります。
  • STEP.39
    点線で斜めに折り返します。
  • STEP.40
    角を引き寄せるように折ります。
  • STEP.41
    反対側も同様に折ります。
  • STEP.42
    上に折り上げます。
  • STEP.43
    点線で角を表に返すように丸く折ります(かぶせ折り)。
  • STEP.44
    反対側も同様に折ったら、かにの完成です。