折り紙「キツネ」の折り方まとめ6選

折り紙で折ったキツネ
Designed by おりがみの時間
広告

このページでは折り紙の「キツネ」をまとめています。パクパク遊べるおしゃべりキツネ、かわいいキツネや立体的など秋の季節飾りにおすすめの6作品を掲載中です。詳しい折り方は記事内の図解や動画をご覧ください。

▼更新履歴
2022年3月11日「キツネ(原案:おりがみの時間)」を追加

\ 画像をクリックすれば折り方が見れるよ /

キツネ(原案:おりがみの時間)折り方図解

折り紙で折ったキツネ
Designed by おりがみの時間

おりがみの時間考案の「キツネ(狐)」です。

平面でも、立てて飾ることも出来ます。

体は最初、前足がなかったんですが、途中で思いついて作り直しました。

折り紙で折ったキツネ
Designed by おりがみの時間

ポーズをとったり、木の実を持たせたり、色々楽しめそうです。

今後、このキツネのアレンジでたぬきやリスなど他の動物も投稿予定なので、お楽しみに…♡

季節問わず、良かったら折ってみてくださいね!

広告

「キツネ」の折り方動画

折り方は下のYouTube動画で公開していますので、ぜひ見てみてください。

「キツネ」の折り方手順

完成イメージはこちら↓

用意するもの
  • 折り紙 (15cm×15cm)2枚
  • (あれば)目用丸シール(5mm/黒)1枚→半分に切っておく
  • (あれば)鼻用丸シール(5mm/黒)1枚
  • のり
おねがい
  • 折り紙の折り方を、無断で外部に公開するのはおやめ下さい
    ※「公開」とは…転載、転用、再編集などを含みます
  • 出来上がった作品を、ネットオークションやフリマ(アプリ含む)などで販売するのはおやめ下さい

…その他、作品の利用についての詳細は「折り紙作品の利用規約」ページをご覧ください。

キツネの顔

1.キツネの顔から折っていきます。折り紙の白い面を上にして置き、点線で半分にして折りすじをつけます。

2.裏返します。

3.点線で半分にして折りすじをつけます。

4.上下の端を折りすじに合わせてさらに折りすじをつけます。

5.下の端を折りすじに合わせて、さらに折りすじをつけます。

6.下の端を、一番下の折りすじと下から2番目の折りすじの間に合わせて折ります。

7.裏返します。

8.角を折りすじに合わせて折ります。

9.折りすじに沿って三角に折りたたみます。

10.下の端を折りすじに合わせて折ります。

11.角を1cm程度折ります。

12.上に重なったところを持ち上げながら、角と角を合わせて点線で折ります。

13.反対側も同様に折り、浮いたところをのりで貼ります。

14.裏返します。

15.ペンや丸シールで自由に顔を描き入れたら、キツネの顔の完成です。(今回は、鼻に5mm、目に5mmを半分に切った丸シールを貼りました。)

キツネの体

16.続いて体を折ります。折り紙の色の面を上にして置き、点線で半分にして折りすじをつけます。

17.上の角を1cm程度折ります。

18.5mm程度折り返します。

19.裏返します。

20.点線で半分にして折りすじをつけます。

21.折りすじに沿って四角く折りたたみます。

22.右下と左下の端を1枚めくり、折りすじに合わせて折ります。

23.折り目の位置で折りすじをつけます。

24.折ったところを戻します。

25.下の角を1枚めくり、折りすじに沿って角を開いてつぶすように折ります。

26.点線で角を折ります。

27.上から下に2枚めくります。

28.裏返します。

29.右下と左下の端を折りすじに合わせて折り、戻します。

30.下の角を1枚めくり、折りすじに沿って角を開いてつぶすように折ります。

31.下から上に1枚めくります。

32.真ん中の端を折りすじに合わせて折ります。

33.今折った折り目を折りすじに合わせて折ります。

34.折ったところを戻します。

35.一番上の折りすじで後ろに折ります。

36.角と角を合わせて折りすじをつけます。

37.折りすじに沿って角を内側に折り込みます(中割り折り)。

38.下から上に1枚めくります。

39.右の角を起こしながら、手(前足)の位置に合わせて点線で折ります。

40.起き上がった角をそのまま矢印の方向に倒して折ります。

41.角を折り目に合わせて折ります。

42.起き上がった下の角を点線で倒します。

43.裏返します。

44.手(前足)をお好みで折ります。

45.角を点線で後ろに折ったら、きつねの体の完成です。手はお好みでのり付けしてください。

キツネの仕上げ

46.顔の隙間に体を差し込み、のりで貼り合わせたら、きつねの完成です。

47.後ろの角を起こせば、立てて飾ることも出来ます。

タイトルとURLをコピーしました