折り紙「桜の花・木」の折り方まとめ5選

折り紙で折った桜の木
Designed by おりがみの時間
広告

桜の木(原案:おりがみの時間)折り方図解

折り紙で折った桜の木
Designed by おりがみの時間

おりがみの時間考案の「桜の木」です。

キツネやタヌキなどの動物を折っていたら、体の形が木の幹に見えてきたので、アレンジして桜の木を作ってみました。

後ろの角を起こせば、立てて飾ることも出来ます。

桜柄の折り紙や、桜の花びら型のクラフトパンチがあればそれで飾るのもオススメです。

15cm角の折り紙だと壁面飾り向き、7.5cm角の折り紙だとリースなどにも使えそうです。

もちろん桜の季節だけでなく、緑や紅葉の木などとしても使えるので、良かったら折ってみてくださいね。

広告

「桜の木」の折り方動画

折り方は下のYouTube動画で公開していますので、ぜひ見てみてください。

「桜の木」の折り方手順

完成イメージはこちら↓

用意するもの
  • 桜の花用折り紙 (15cm×15cm)1枚
  • 幹用折り紙 (15cm×15cm)1枚
  • のり
  • (あれば)クラフトパンチで桜の花びら型に切った折り紙やシールなど お好みの枚数
おねがい
  • 折り紙の折り方を、無断で外部に公開するのはおやめ下さい
    ※「公開」とは…転載、転用、再編集などを含みます
  • 出来上がった作品を、ネットオークションやフリマ(アプリ含む)などで販売するのはおやめ下さい

…その他、作品の利用についての詳細は「折り紙作品の利用規約」ページをご覧ください。

桜の花

1.折り紙の白い面を上にして置き、角と角を合わせて折りすじをつけます。

2.左右の角を中心に合わせて印をつけます。

3.左右の角を印に合わせて折ります。

4.下の角を中心に合わせて折ります。

5.上の角を、角と角を結ぶ線の位置に合わせて折ります。

6.折り紙を裏返したら、桜の葉のパーツの完成です。

桜の木の幹

1.折り紙の色の面を上にして置き、角と角を合わせて折りすじをつけます。

2.折り紙を裏返します。

3.端と端を合わせて折りすじをつけます。

4.折りすじに沿って四角く折りたたみます。

5.右下と左下の端を1枚めくり、折りすじに合わせて折ります。

6.折り目の位置で折りすじをつけます。

7.手順5で折ったところを戻します。

8.折りすじに沿って角を開いてつぶすように折ります。

9.上から下に2枚めくります。

10.折り紙を裏返します。

11.右下と左下の端を1枚めくり、折りすじに合わせて折り、戻します。

12.折りすじに沿って角を開いてつぶすように折ります。

13.真ん中のフチを折りすじに合わせて折り、戻します。

14.真ん中のフチを、今つけた折りすじに合わせて折り、戻します。

15.最後につけた折りすじに沿って角を内側に折り込みます(中割り折り)。

16.中割り折りしたところを開きます。

17.先の角を、横の角を結ぶ線の位置に合わせて折ります。

18.開いたところを戻し、のり付けしたら、木の幹の完成です。

仕上げ

1.幹にのりを塗り、桜の花を重ねて貼ります。

2.下から上に2枚折り上げて貼ります。

3.点線で角を後ろに折ったら、桜の木の完成です。

切って作る「桜の花」を何枚か貼るのもオススメです。その場合は、3.75㎝×3.75㎝の大きさで作るとバランスいいですよ。

桜の花(切り紙)の作り方はこちら

タイトルとURLをコピーしました