折り紙「ひな台」の折り方まとめ5選

折り紙で折ったひな壇
Designed by おりがみの時間
広告

ひな台(原案:新宮文明)

折り紙で折ったひな台
Designed by 新宮文明

新宮文明さん考案の「畳」です。

正方形をしているのが特徴。少し大きめのお雛様の折り紙を折ったときに、お雛様とお内裏様を一緒に載せるのではなく、それぞれ畳に載せたいときにおすすめです。

この畳は折り紙の裏面の色が出ないので、仕上がりもキレイですよ。

↓折り方は動画でチェック↓

ひな台(原案:カミキィ)

折り紙で折ったひな台
Designed by カミキィ

カミキィさん考案の「ひな台」です。

側面のデザインが、折り紙の表面と裏面の色が交互にギザギザに出るようになっています。両面折り紙を使うのもオススメです。

雛飾りだけでなく、お正月や十五夜飾りなども、そのまま飾るより、雛台に載せた方が見栄えがよくなりますよ。

↓折り方は動画でチェック↓

ひな台(原案:カミキィ)

折り紙で折ったひな台
Designed by カミキィ

カミキィさん考案の「シンプルなひな台」です。

雛台が無くても飾ることはできますが、台があることで作りがしっかりして見えるというか、見栄えがよくなる気がします。

この雛台は、のりを使わずにできるのに広がってしまうこともなく、裏面の色も出ないので仕上がりも綺麗です。

↓折り方は動画でチェック↓

以上、「ひな台」まとめでした。

おりがみの時間では、このほかにもひな祭りの飾り付けに使える折り紙を多数掲載しています。よければあわせてご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました