秋の折り紙特集ページはこちら ▶▶▶

ます

折り紙で折ったます
伝承作品
スポンサーリンク

今回は、伝承作品の「ます」を折ってみました。

節分の豆入れ、ひな祭りのあられ入れ、その他お菓子や小物入れなど、シンプルな形ですが用途は色々ですね。

大きさを変えて2つ作ればふた付きの箱になります。

折り方手順

  • STEP.1
    折り紙の色の面を上にして置き、点線で半分にして折りすじをつけます。
  • STEP.2
    裏返します。
  • STEP.3
    点線で半分にして折りすじをつけます。
  • STEP.4
    4つの角を中心に合わせるように折ります。
  • STEP.5
    上下の端を中心に合わせるようにして折りすじをつけます。
  • STEP.6
    2つの角を上下に開きます。
  • STEP.7
    左右の端を中心に合わせるようにして折りすじをつけます。
  • STEP.8
    折りすじに沿って角を起こします。
  • STEP.9
    そのまま上の角を点線で折ります。
  • STEP.10
    上下の向きを逆にします。
  • STEP.11
    反対側も同様に角を起こし、折りたたんだら、ますの完成です。

この作品を使用した作品は、こちらの記事で紹介しています。

https://origaminojikan.com/3176


おせち
今回は、おせちを折ってみました。こちらは、山口真さんの創作折り紙です。 昆布巻き、栗きんとん、紅白かまぼこ、田作り、伊勢海老、椎茸、伊達巻、笹の葉、黒豆が入った豪華なおせちです。 重箱、仕切りも紙を折って作ることができます。 仕切...

https://origaminojikan.com/202