投網(網飾り)

折り紙で折った投網
伝承作品

今回は、代表的な七夕飾りの伝承作品、「投網」を折ってみました。

投網(とあみ)とは、漁で使う網のことで、大漁を祈願して飾られたそうです。わかりやすいですね。

投網にお魚の折り紙をたくさん貼り付けて飾ってもいいかもしれませんね!

また、「網」というところから、「幸運を絡めとる、すくい上げる」という意味もあるそうですよ。私はこれを聞いて「ドリームキャッチャー」を思い出しました。

七夕飾りって、この投網もそうですが、切り込みを入れてびよーんって伸ばして完成、な作品が多いですね。

折り方手順

  • STEP.1
    折り紙を点線で半分に折ります。
  • STEP.2
    さらに半分に折ります。
  • STEP.3
    さらに半分に折ります。
  • STEP.4
    切り落とさないように注意しながら、白線部分にハサミで切り込みを入れます。
  • STEP.5
    破らないように注意しながら折り紙を広げます。
  • STEP.6
    中心部分と、角を画像のように持ち、優しく引っ張って伸ばしたら、投網の完成です。中心部分に糸などを通して吊って飾ります。

投網に絡めたさかなは、こちらの記事で紹介しています。

さかな
今回は、伝承作品の魚を折ってみました。 折り方はとっても簡単なので、小さなお子さんでも折りやすいと思います。 沢山作りたいときにもオススメです。 川や海の飾りにオススメです。 七夕飾りとして折ると、大漁を願う意味を持つそうですよ。 ...