折り紙「桃の花」の折り方まとめ3選

折り紙で作った桃の花
伝承作品
ひな祭り3月植物草|花
スポンサーリンク

このページでは折り紙の「桃の花」をまとめています。簡単な切り紙、立体的な桃の花などひな祭りの飾りにおすすめな3作品掲載中です。詳しい折り方は記事内の手順や動画をご覧ください。

\ 画像をクリックすれば折り方が見れるよ /

桃の花(伝承)

折り紙で作った桃の花
伝承作品

伝承作品の「桃の花」です。

折り紙を折ってから1箇所切るだけで出来上がります。

一度覚えてしまえば折るのも切るのも簡単でさくさくできるので、沢山作りたいときにもオススメです。

用意するもの

  • 正方形折り紙 1枚

「桃の花」の折り方動画

折り方は下のYouTube動画で公開しているので、ぜひ見てみてください。

「桃の花」の折り方手順

完成イメージはこちら↓

1.折り紙を画像の向きに置き、角と角を合わせて折りすじをつけます。

2.角と角を合わせて半分に折ります。

3.上の角を1枚めくり、下の端に合わせて点線部分だけ折りすじをつけます。

4.上の角を折りすじに合わせて折ります。

5.下の端の中心を起点にして、上の角に合わせて折ります。

6.点線の折り目の位置で後ろに折ります。

7.反対側も同様に折ります。

8.角を戻します。

9.裏返します。

10.角の下に画像のように下書きをします(下書き無しでもOK)。

11.線に沿ってハサミで切り離します。

12.切り離した折り紙を広げたら、桃の花の完成です。

桃の花のお皿(原案:niceno1)

折り紙で折った桃の花の皿
Designed by niceno1

niceno1さん考案の「桃の花の入れ物(お皿)」です。

途中まで「たとう」のような折り方で、重なり合う花びらが美しいデザインですね。

お皿と言っても、通常サイズの折り紙で折ると、お皿部分の直径が5㎝もないくらいなので、ひなあられなどを入れるには小さいですが、何も入れず、立体的な桃の花としてそのまま飾っても可愛いデザインです。

ひなあられを入れて実用的に使う場合は、大きめの紙で折りましょう。

↓折り方は動画でチェック↓
スポンサーリンク

◇ご利用上のお願い◇

NG
  • 折った作品を販売すること(伝承作品は除く)
  • 折り方の工程をネット上に公開すること(伝承作品は除く)
  • その他、著作者が不適切と判断すること
OK
  • 折った作品の写真をSNSやブログ等に投稿すること
  • 折った作品の写真をSNSアイコン(プロフィール画像)に設定すること
  • 折った作品を店舗や施設等の飾りに使用すること
この記事の筆者
おりがみの時間

世界中のかわいい折り紙作品を紹介する「日本最大級の折り紙メディア」。オリジナルの創作作品も40以上掲載中。

おりがみの時間 公式SNS
おりがみの時間 公式SNS
おりがみの時間
タイトルとURLをコピーしました