秋の折り紙特集ページはこちら ▶▶▶

こぜにいれ

折り紙で折った小銭入れ
伝承作品
スポンサーリンク

伝承作品の「こぜにいれ」を折ってみました。

小さいお子さんに500円玉のお年玉をあげるときや、お守り代わりに5円玉を持っておきたいときなんかに便利です。

ねじって開けると箱のようになるところがなんだか手品みたいで面白い!

折り方手順

  • STEP.1
    折り紙の白い面を上にして置き、点線で半分にして折りすじをつけます。
  • STEP.2
    角を中心に合わせるように折ります。
  • STEP.3
    縦の長さを3等分し、点線で折りすじをつけます。
  • STEP.4
    上下の角だけ開きます。
  • STEP.5
    横の長さを3等分し、点線で折りすじをつけます。
  • STEP.6
    左右の角を持ち、折りすじに沿って起こします。
  • STEP.7
    そのまま上の角を点線で中に折り込みます。
  • STEP.8
    上下の向きを持ち換え、同様に折ります。
  • STEP.9
    少し厚みがある紙を用意し、折り紙であれば16分の1のサイズで切り取ります。
  • STEP.10
    切り取った紙を箱の底に入れ、形を整えます。
  • STEP.11
    箱の側面全てに画像の向きに少しづつ折り目をつけて行き、そのままねじるように箱をたたみます。
  • STEP.12
    平らになるまで折りたたんだら、小銭入れの完成です。