折り紙「鯉のぼり」の折り方まとめ13選

折り紙で折った鯉のぼり
Designed by おりがみの時間
広告

このページでは折り紙の「鯉のぼり」をまとめています。簡単かわいい鯉のぼり、ぷくっと立体的な鯉のぼりなど、こどもの日の飾りにおすすめな13作品を掲載中です。詳しい折り方は記事内の手順や動画をご覧ください。

▼更新履歴
2022年4月5日「鯉のぼり(原案:おりがみの時間)」を追加

\ 画像をクリックすれば折り方が見れるよ /

鯉のぼり(原案:おりがみの時間)折り方図解

折り紙で折った鯉のぼり
Designed by おりがみの時間

おりがみの時間考案の「鯉のぼり」です。

それほど手順は多くなく、竹串やストローなどの棒状のものを挟みこんで飾れるのが特徴です。

全て同じ大きさで色や柄を変えて折っても良いですし、折り紙の大きさを変えて折るのも可愛いです。

モノトーンやクラフト紙などで折ってもオシャレですね。

一緒に動く風車をつけて飾ると、風が吹いて回ったときにお子さんが喜びますよ♡

お好みの折り紙でぜひ折ってみてくださいね!

途中の折り幅を変えると、さらに短足?なかわいいこいのぼりにアレンジもできますよ。

竹串を固定するときは、めんこを折ると便利です。

広告

「鯉のぼり」の折り方動画

折り方は下のYouTube動画で公開していますので、ぜひ見てみてください。

「鯉のぼり」の折り方手順

完成イメージはこちら↓

用意するもの
  • 折り紙 (15cm×15cm) 1枚
  • 白目用丸シール (8mm/白) 1枚
  • 黒目用丸シール (5mm/黒) 1枚
  • のり
  • ペンなど

※丸シールがなければ、ペンで直接描けばOKです。

おねがい
  • 折り紙の折り方を、無断で外部に公開するのはおやめ下さい
    ※「公開」とは…転載、転用、再編集などを含みます
  • 出来上がった作品を、ネットオークションやフリマ(アプリ含む)などで販売するのはおやめ下さい

…その他、作品の利用についての詳細は「折り紙作品の利用規約」ページをご覧ください。

1.折り紙の色の面を上にして置き、端と端を合わせて折りすじをつけます。

2.折り紙を裏返します。

3.角と角を合わせて折りすじをつけます。

4.折りすじに沿って三角に折りたたみます。

5.角を折りすじの端に合わせて折ります。

6.折り紙を裏返します。

7.上下の端を合わせて折ります。

8.上の端を2枚めくり、角を開いてつぶすように折ります。

9.点線で後ろに半分に折り、のり付けします。

10.ペンや丸シールなどで、顔や模様などを自由に書き入れたら、こいのぼりの完成です(今回は、目に8mmと5mmの丸シールを使用しました)。

タイトルとURLをコピーしました