もうすぐ『七夕』。織姫や彦星、短冊など七夕飾りを作ってみてはいかがですか? 特集ページはこちら ▶▶▶

椿

折り紙で折った椿
伝承作品
スポンサーリンク

今回は、伝承作品の椿を折ってみました。

互いに折り重なる花びらと、裏面の色が出る中心部分が、よく考えられている美しいデザインです。

お正月リースや、羽子板などを折って上に貼り付けると、色的にも映えやすい作品なので気に入っています。

葉は、色々な折り方があるようですが、今回は正方形を半分に切ったものの4つ角を後ろに折るだけの、簡単なもので貼り付けました。

折り方手順

  • STEP.1
    折り紙の白い面を上にして置き、点線で半分にして折りすじをつけます。
  • STEP.2
    左端を折りすじに合わせるように折ります。
  • STEP.3
    下の端を折りすじに合わせるように折ります。
  • STEP.4
    角を開いて潰すように折ります。
  • STEP.5
    右端を折りすじに合わせるように折ります。
  • STEP.6
    角を開いて潰すように折ります。
  • STEP.7
    角と角を合わせるようにして折りすじをつけます。
  • STEP.8
    点線の折りすじを山折りにし、そのまま折りすじに沿って角を内側に折り込みます。
  • STEP.9
    角を開いて潰すように折ります。
  • STEP.10
    下に重なっている角を上に出します。
  • STEP.11
    角を開いて潰すように折ります。
  • STEP.12
    角を隙間にしまいます。
  • STEP.13
    中心の4つの角を少し折ったら、椿の完成です。

椿を使用したお正月飾りは、こちらの記事で紹介しています。

はごいた
今回は、伝承作品の羽子板を折ってみました。 単体で折るより、羽根とセットで折ったり、他のお正月折り紙を貼り付けて飾ったりすると見栄えが良いですね! 今の小さな子って、羽子板ってわかるんでしょうか? 幼稚園や保育園で見たり聞いたりするの...