折り紙「豆入れ」の折り方まとめ20選

折り紙で作った豆入れ
Designed by おりがみの時間
広告

このページでは折り紙の「豆入れ」をまとめています。鬼やお多福の豆入れ、簡単な豆入れなど節分におすすめの20作品を掲載中です。詳しい折り方は記事内の手順や動画をご覧ください。

▼更新履歴
2022年1月13日「お多福の豆入れ(原案:おりがみの時間)」を追加

\ 画像をクリックすれば折り方が見れるよ /

鬼の豆入れ(原案:おりがみの時間)

折り紙で折った鬼の豆入れ箱
Designed by おりがみの時間

おりがみの時間考案の「鬼の豆入れ」です。こちらは伝承作品の「かしばち」をアレンジした作品です。

両面折り紙を使って、箱の部分は鬼のパンツ風に模様を書いてみましたよ。

切り込みを入れただけですが、1本角と2本角の鬼を考えてみたので、お好みの方(もしくは両方!)で折ってみてくださいね!

広告

「鬼の豆入れ」の折り方動画

折り方は下のYouTube動画で公開していますので、ぜひ見てみてください。

「鬼の豆入れ」の折り方手順

完成イメージはこちら↓

用意するもの
  • 折り紙(15cm×15cm)1枚
  • 目用丸シール(8㎜/白)2個
  • 鼻用丸シール(5㎜/黃)1個
  • ほっぺ用丸シール(8㎜/赤)2個
  • ペン

※丸シールがなければ、ペンで直接描けばOKです。

おねがい
  • 折り紙の折り方を、無断で外部に公開するのはおやめ下さい
    ※「公開」とは…転載、転用、再編集などを含みます
  • 出来上がった作品を、ネットオークションやフリマ(アプリ含む)などで販売するのはおやめ下さい

…その他、作品の利用についての詳細は「折り紙作品の利用規約」ページをご覧ください。

ツノ1本の鬼

1.鬼の顔に出したい色(ここでは赤)を下にして置き、端と端を合わせて折りすじをつけます。

2.折り紙を裏返します。

3.角と角を合わせて折りすじをつけます。

4.左右の角を中心に合わせて折ります。

5.折り紙を裏返します。

6.折りすじに沿って四角く折りたたみます。

7.右上と左上の端を1枚めくり、折りすじに合わせて折ります。

8.点線で角を開いてつぶすように折ります。

9.点線で折ります。

10.角をフチに合わせて折ります。

11.折りすじで後ろに折り、隙間にしまいます。

12.右から左に1枚めくります。

13.手順9-11と同様に折ります。

14.左から右に2枚めくります。

15.手順9-11と同様に折ります。

16.右から左に1枚めくります。

17.点線で折ります。

18.折り目の少し下で折り返します。

19.フチを折りすじに合わせて、浮いた角をつぶすように折ります。

20.点線で折りすじをつけます。

21.折り紙を裏返します。

22.折りすじより上の部分に、ペンやシールなどで自由に顔を描き入れます(今回は、目とほっぺに8㎜、鼻に5㎜の丸シールを使用しました)。

23.上部から指を入れて箱の底を広げ、点線部分を指でつまんで底の4辺を整えます。

24.顔の後ろの点線部分を谷折りして(反対側も)全体の形を整えたら、鬼の豆入れの完成です。

ツノ2本の鬼

※「はさみ」が必要です

「ツノ1本の鬼」の手順1-17と同様に折ります。

18.線の部分にはさみで切込みを入れます。

19.点線で折ります。

20.引き続き「ツノ1本の鬼」の手順20-24と同様に折れば、ツノ2本の鬼の豆入れの完成です。

タイトルとURLをコピーしました