折り紙「精霊馬・精霊牛」の折り方まとめ2選

折り紙で折った精霊馬と精霊牛
Designed by 山田勝久
広告

このページでは折り紙の「精霊馬・精霊牛」をまとめています。きゅうりの馬、なすの牛などお盆の飾りに使える2作品を掲載中です。詳しい折り方は記事内の動画をご覧ください。

\ 画像をクリックすれば折り方が見れるよ /

きゅうりの馬・精霊馬(原案:山田勝久)

折り紙で折った精霊馬と精霊牛
Designed by 山田勝久

山田勝久さん考案の「きゅうりの馬・精霊馬(しょうりょううま)」です。

お盆には、ご先祖様の霊が家に戻ってきますが、「一刻も早く帰ってきてもらいたい」という気持ちを込めて、きゅうりを馬に見立ててお供えをするそうです。

動画では、足のパーツは途中からしか折り方が紹介されていませんでしたが、鶴の基本形の角を折り下げた状態だと思いますので、鶴の折り方のSTEP.1-9までを参考にしてください。

足のパーツは、鶴の折り方のSTEP.1-9までを折ってから、動画をご覧いただくとわかりやすいかと。

折り紙「鶴」の折り方

↓折り方は動画でチェック↓

なすの牛・精霊牛(原案:山田勝久)

折り紙で折った精霊馬と精霊牛
Designed by 山田勝久

山田勝久さん考案の「なすの牛・精霊牛(しょうりょううし)」です。

お盆が終わってご先祖様が帰られるときには、「ゆっくり景色を楽しんで帰ってもらいたい」という気持ちを込めて、なすを牛に見立ててお供えするのだそうです。

動画では、足のパーツは途中からしか折り方が紹介されていませんでしたが、鶴の基本形の角を折り下げた状態だと思いますので、鶴の折り方のSTEP.1-9までを参考にしてください。

足のパーツは、鶴の折り方のSTEP.1-9までを折ってから、動画をご覧いただくとわかりやすいかと。

折り紙「鶴」の折り方

↓折り方は動画でチェック↓

以上、「精霊馬・精霊牛」まとめでした。

おりがみの時間では、このほかにもお盆の折り紙を多数掲載しています。よければあわせてご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました