キュウリ精霊馬・茄子精霊牛

折り紙で折った精霊馬と精霊牛
Designed by 山田勝久

今回は、キュウリ精霊馬と茄子精霊牛を折ってみました。

こちらは、山田勝久さんの創作折り紙です。

「お盆に作ってお供えするもの」くらいの知識で見たことはありましたが、ちゃんとした名前や由来を知らず、今回初めて調べました。

お盆には、ご先祖様の霊が家に戻ってきますが、「一刻も早く帰ってきてもらいたい」という気持ちを込めて、キュウリを馬に見立ててお供えをするそうです。

一方、お盆が終わってご先祖様が帰られるときには、「ゆっくり景色を楽しんで帰ってもらいたい」という気持ちを込めて、ナスを牛に見立ててお供えするのだそうです。

私はどっちも馬なのかと思っていました…笑

ご先祖様へのおもてなしの気持ちの表れなのですね。ナスやキュウリと一緒に、自動車(ミニカー)をお供えしているのも見たことがあります。現代的ですし、こちらも早く帰って来られそうですね。

ちなみに動画では、足のパーツは途中からしか折り方が紹介されていませんでしたが、鶴の基本形の角を折り下げた状態だと思いますので、鶴の折り方のSTEP.1-9までを参考にしてください。

折り方の動画はこちら

盆飾り折り紙キュウリ精霊馬の折り方作り方 創作 Cucumber origami
夏の盆飾り折り紙の折り方茄子精霊牛の作り方 創作 Eggplant origami

足のパーツは、鶴の折り方のSTEP.1-9までを参考にして折ってから、動画を観てください。

今回は、伝承作品の鶴を折ってみました。 大人は折ったことない人を探すのも難しいくらい、代表的な伝承作品ですよね。 鶴は長寿のシンボルなので、とても縁起のいい折り紙です。 お正月に飾ったり、入院中の方に千羽鶴を折ったことのある方も多いの...