折り紙「鶴」の折り方まとめ7選(紅白鶴・おりはづる・祝い鶴など)

折り紙で折った祝い鶴
伝承作品
お正月七夕1月7月
スポンサーリンク

このページでは折り紙の「鶴」をまとめています。紅白鶴、おりはづる、祝い鶴などお正月や七夕飾りにおすすめな7作品掲載中です。詳しい折り方は記事内の手順や動画をご覧ください。

▼更新履歴
2021年11月18日「鶴のポチ袋(伝承)」を追加

\ 画像をクリックすれば折り方が見れるよ /

鶴(伝承)

折り紙で折った鶴
伝承作品

伝承作品の「鶴(折鶴)」です。

折ったことがない人の方が少ないくらい、代表的な伝承作品ですね。

鶴は長寿のシンボルなので、とても縁起のいい折り紙。お正月に飾ったり、入院中の方に千羽鶴を折ったことのある方も多いのではないでしょうか。

七夕飾りの一つでもある鶴は、家族の健康や長生きを願って飾られます。昔は家族の中で最年長者の歳の数だけ鶴を折って飾ると良い、とされていたようですよ。

「鶴」の折り方手順

  • STEP.1
    折り紙の色の面を上にして置き、点線で半分にして折りすじをつけます。
  • STEP.2
    裏返します。
  • STEP.3
    点線で半分にして折りすじをつけます。
  • STEP.4
    折りすじに沿って折りたたみます。
  • STEP.5
    点線で折ります。
  • STEP.6
    点線で折りすじをつけます。
  • STEP.7
    STEP.5で折ったところを開きます。
  • STEP.8
    折りすじに沿って、角を開いて潰すように折ります。
  • STEP.9
    裏側も同様に折ります。
  • STEP.10
    点線で折ります。(中心よりやや外側に合わせるように折ると、仕上がりがキレイです。)
  • STEP.11
    裏側も同様に折ります。
  • STEP.12
    点線で角を内側に折り込みます(中割り折り)。
  • STEP.13
    反対側も同様に折ります。
  • STEP.14
    点線で角を内側に折り込みます(中割り折り)。
  • STEP.15
    羽根を両側にゆっくり引っ張って、袋の部分を広げたら、鶴の完成です。
スポンサーリンク

◇ご利用上のお願い◇

NG
  • 折った作品を販売すること(伝承作品は除く)
  • 折り方の工程をネット上に公開すること(伝承作品は除く)
  • その他、著作者が不適切と判断すること
OK
  • 折った作品の写真をSNSやブログ等に投稿すること
  • 折った作品の写真をSNSアイコン(プロフィール画像)に設定すること
  • 折った作品を店舗や施設等の飾りに使用すること
この記事の筆者
おりがみの時間

世界中のかわいい折り紙作品を紹介する「日本最大級の折り紙メディア」。オリジナルの創作作品も40以上掲載中。

おりがみの時間 公式SNS
おりがみの時間 公式SNS
おりがみの時間
タイトルとURLをコピーしました