折り紙「お雛様」の折り方まとめ19選

折り紙で折ったお雛様
Designed by おりがみの時間
広告

このページでは折り紙の「お雛様」をまとめています。簡単かわいいお雛様、つるしびな、うさぎや猫のお雛様などひな祭りの飾りにおすすめな19作品を掲載中です。詳しい折り方は記事内の手順や動画をご覧ください。

▼更新履歴
2022年1月28日「 お雛様(原案:おりがみの時間)」を追加

\ 画像をクリックすれば折り方が見れるよ /

お雛様/男雛と女雛(原案:おりがみの時間)折り方図解

折り紙で折ったお雛様
Designed by おりがみの時間

おりがみの時間考案の「お雛様(男雛と女雛)」です。

着物の折り方を変えることで、平面で飾ることも立てて飾ることもできます。

それぞれ手に持っている笏(しゃく)と桧扇(ひおうぎ)も、今回は折って作ってみました。

過去に投稿した「おひなさま」より手順が多く折り方も少し難しくなっていますが、良かったら折ってみてくださいね。

広告

「お雛様(男雛と女雛)」の折り方動画

折り方は下のYouTube動画で公開していますので、ぜひ見てみてください。

動画と記事では女雛の顔と釵子の折り方が異なります

「お雛様(男雛と女雛)」の折り方手順

完成イメージはこちら↓

用意するもの
  • 女雛の顔用折り紙 (7.5cm×7.5cm/黒)
  • 男雛の顔用折り紙 (15cm×7.5cm/黒)
  • 女雛・男雛の着物用折り紙 (15cm×7.5cm)各1枚
  • 釵子・桧扇・笏・用折り紙 (3.75cm×3.75cm(1/4の折り紙をさらに1/4にしたもの))各1枚
  • (あれば)ほっぺ用丸シール(5mm/赤)4枚
  • (あれば)目用丸シール(3mm/黒(く塗ったもの))4枚
  • のり
  • (テープ)
  • ペン

※丸シールのサイズはお好みで変えてください。丸シールがなくてもペンで描けば大丈夫です。

おねがい
  • 折り紙の折り方を、無断で外部に公開するのはおやめ下さい
    ※「公開」とは…転載、転用、再編集などを含みます
  • 出来上がった作品を、ネットオークションやフリマ(アプリ含む)などで販売するのはおやめ下さい

…その他、作品の利用についての詳細は「折り紙作品の利用規約」ページをご覧ください。

女雛パーツ(顔・釵子・桧扇)

女雛の顔

1.折り紙の白い面を上にして置き、端と端を合わせて折りすじをつけます。

2.上下の端を折りすじに合わせて折り、戻します。

3.角を折りすじに合わせて折ります。

4.上の端を折りすじに合わせて折ります。

5.角と角を合わせて折ります。

6.折り紙を裏返します。

7.上の角と下の端を、一番上の折りすじに合わせて折ります。

8.角を開いてつぶしながら、今折ったフチを折りすじに合わせて折ります。

9.折り紙を裏返します。

10.ペンや丸シールで顔を自由に描き入れたら、女雛の顔の完成です(今回は、目に3mm、ほっぺに5mmの丸シールを使用しました)。

釵子(さいし)

※手順は実際より大きいサイズの折り紙で説明します。

1.折り紙の白い面を上にして置き、角と角を合わせて折りすじをつけます。

2.上下の角を中心に合わせて折ります。

3.下の端を折りすじに合わせて折ります。

4.折り紙を裏返します。

5.上の端を折りすじに合わせて折ります。

6.角を開いてつぶすように折ったら、釵子の完成です。

桧扇(ひおうぎ)

※手順は実際より大きいサイズの折り紙で説明します。

1.折り紙の白い面を上にして置き、点線で半分に折ります。

2.さらに半分に折って折りすじをつけます。

3.角と角を合わせて折りすじをつけます。

4.折り紙を裏返します。

5.折りすじをつまんで持ち、中心の折りすじに合わせて段折りします。

6.点線で折ります。

7.点線で折ります。

8.裏返したら、桧扇の完成です。

女雛の着物

着物の折り方は下のボタンをクリックすると見れます。

女雛の仕上げ

女雛の頭に釵子をかぶせ、顔の後ろに着物を貼り、着物の上に桧扇を貼ったら、女雛の完成です。

男雛パーツ(顔・笏)

男雛の顔

1.折り紙の白い面を上にして置き、端と端を合わせて折りすじをつけます。

2.上下の端を折りすじに合わせて折ります。

3.もう一度上下の端を折りすじに合わせて折ります。

4.折り紙を広げます。

5.角を折りすじに合わせて折ります。

6.下の端を折りすじに合わせて折ります。

7.折り紙を裏返します。

8.一番下の折りすじで折ります。

9.下の端を下から3番目の折りすじに合わせて折ります。

10.折り紙を裏返します。

11.左右の端を中心に合わせて、浮いた角はつぶすように折ります。

12.下から2番目の折りすじを、一番下の折りすじに合わせて折ります。

13.一番上の折りすじで折り返します。

14.左右の端を中心に合わせて、浮いた角はつぶすように折ります。

15.点線で角を折ります。

16.折り紙を裏返します。

17.ペンや丸シールで顔を自由に描き入れたら、男雛の完成です(今回は目に3mm、ほっぺに5mmの丸シールを使用しました)。

笏(しゃく)

※手順は実際より大きいサイズの折り紙で説明します。

1.折り紙の白い面を上にして置き、角と角を合わせて折りすじをつけます。

2.下の角を中心に合わせて折ります。

3.右下と左下のフチを折りすじに合わせて折ります。

4.角をフチに合わせて折ります。

5.フチを中心に合わせて折ります。

6.上の角を少し折ります。

7.裏返したら、笏の完成です。

男雛の着物

着物の折り方は下のボタンをクリックすると見れます。

男雛の仕上げ

男雛の顔の後ろに着物を貼り付け、着物の上に笏を貼り付けたら、男雛の完成です。

共通パーツ(着物)

1.折り紙の白い面を上にして置き、上の端を2mm空けて点線で折ります。

2.裏返します。

3.左右の端を合わせて折りすじをつけます。

4.筒状に丸め、左側の隙間に、右側の白い面をはさみます。

5.2つの角をぴったり合わせます。

6.襟の合わせ目と折りすじを揃えて、平らにつぶして折ります。

7.折り紙を裏返します。

8.点線で折りすじをつけます。

9.(立てて飾る場合)角度を調節したら、立てて飾れる着物の完成です。

10.(平面で飾る場合)角を折りすじに合わせて折ります。

11.点線で折って隙間にしまいます。

12.裏返したら、平面で飾れる着物の完成です。

タイトルとURLをコピーしました