【折り紙】おひなさま(原案:おりがみの時間)折り方図解

折り紙で作ったお雛様
Designed by おりがみの時間
ひな祭り3月
スポンサーリンク

この記事では「おひなさま」の折り方を詳しい手順付きで紹介しています。この折り紙は「おりがみの時間」のオリジナル作品です。ひな祭りの飾り等にどうぞ。

オリジナルで、おひなさまを考えてみました。

お雛様とお内裏様の顔は、一昨年投稿した「織姫と彦星」の顔のアレンジになっています。

小物は切って貼るだけなので簡単ですよ。

着物もあっという間に折れますが、立てられるようになっているので、ぜひお部屋に飾ってみてくださいね。

折り紙「おひなさま」の折り方動画

折り方は下のYouTube動画で公開していますので、ぜひ見てみてください。

折り紙「おひなさま」の折り方手順

1.お雛様の顔から折っていきます。7.5cm×7.5cmの折り紙の白い面を上にして置き、点線で折りすじをつけます。

2.角を中心に合わせて折ります。

3.角を中心に合わせて折ります。

4.今折ったところをのり付けします。

5.裏返します。

6.角を折りすじに合わせるようにして折りすじをつけます。

7.角を折りすじに合わせるようにして折ります。

8.折りすじで折ります。

9.折りすじで折ります。

10.浮いたところをテープでおさえます。

11.裏返します。

12.自由に顔を描き入れたら、お雛様の顔の完成です。(画像のほっぺ→5mm赤丸シールを貼ったもの)

13.次にお内裏様の顔を折っていきます。7.5cm×7.5cmの折り紙の白い面を上にして置き、点線で折りすじをつけます。

14.角を中心に合わせて折ります。

15.角を中心に合わせて折りすじをつけます。

16.角を折りすじに合わせて折ります。

17.角を中心に合わせて折ります。

18.今折ったところをのり付けします。

19.裏返します。

20.角を折りすじに合わせるようにして折りすじをつけます。

21.角を折りすじに合わせて折ります。

22.折りすじで折ります。

23.折りすじで折ります。

24.角を斜めに折ります。

25.浮いたところをテープでおさえます。

26.裏返します。

27.自由に顔を描き入れたら、お内裏様の顔の完成です。(画像のほっぺ→5mmの赤丸シールを貼ったもの)

28.続いて着物を作っていきます。(お雛様・お内裏様共通です)
15cm×7.5cmの折り紙を、色の面を上にして置き、上の端を折ります。

29.裏返します。

30.左右の端を合わせるようにして、折りすじをつけます。

31.上の端の中心より少し左側で、角を斜めに折ります。

32.反対側も同様に折ります。

33.角の少し上を通る線で後ろに折ります。

34.折ったところを一旦開きます。

35.点線で折ります。

36.折ったところを隙間にしまいます。

37.折りすじで折ったら、着物の完成です。

38.同様にお内裏様の着物も作ります。

39.お雛様、お内裏様の顔と着物をそれぞれのりで貼り合わせます。

40.金色の折り紙の裏に、桧扇(ひおうぎ)、笏(しゃく)、釵子(さいし)を、黒い折り紙の裏に、冠(かんむり)を下書きしてハサミで切り取り、のりで貼りつけたら、お雛様の完成です。

↓↓↓おひなさまをのせたひな台は、こちらの記事で紹介しています。

スポンサーリンク
この記事の筆者
おりがみの時間

世界中のかわいい折り紙作品を紹介する「日本最大級の折り紙メディア」。2018年より運営をスタートし、現在740以上の折り紙作品を掲載中。

おりがみの時間 公式SNS
おりがみの時間 公式SNS
おりがみの時間
タイトルとURLをコピーしました